お問い合わせ

斯くして、ぼくは旅に出てきます。寂しい男子のイヴ。(2015年ラストの更新)

メリークリスマス。まだ誕生して間もないこのブログですが日々、少しずつアクセスくださる方も増えて嬉しい、ぼくなり(@BOKUNARI)です。

クリスマスイヴ、そして日付変わってクリスマスを迎えていますが皆様は愛するパートナーと素敵な夜をお過ごしのことと…いいな、いいな、いいな。

さて、ぼくは仕事の業務のまとめと(あんまり実りないから不要ではないか?…って思うとか思ったとかする)忘年会を終えて、明日から元旦までの7泊8日のクルーズの旅支度していました。

記事の最後にゲイ男子の寂しいクリスマスイヴの食卓も合わせてご紹介しておきますので、哀れんでやってくださいw

うーん、ドレスコードの指定もあるから思った以上に荷物多いなぁ…

斯くして、ぼくは旅に出てきます。寂しい男子のイヴ。(2015年ラストの更新)

さすがに一般参加のお客様はプランにもよるけど10日以上の旅の行程になる旅行なので、ドレスコードとしてセミフォーマルとか指定されている日があるので…

自分の参加する7泊8日分の日程で使用するモノや着る服がどうしても自分のイメージするほどコンパクトにすることができないスーツケースです。

船旅といっても豪華客船なのでしっかりランドリーコーナーもあるのですが、過去に乗船した時の経験で部屋や航路によっては窓があっても(窓すらない部屋もある)陽当たり悪くて部屋干しできなかったことがありました。

また、乾燥機にかけると衣類が縮んでしまうということもあるので…割りとしっかり目な普通の荷造りになってしいましました。

うーん、ドレスコードさえなければ洋服は半分でよかったのでちょっと極めきれずミニマリズムとしては不本意ですが、ここは紳士淑女のセレブな船旅ルールを守らねばなりません。

読みたい本を2冊、船旅は電波状況はほぼNGとして考える

斯くして、ぼくは旅に出てきます。寂しい男子のイヴ。(2015年ラストの更新)

のんびりと目的地までの航海という時間と客船という非日常の空間を嗜むのが飛行機や電車の旅では味わえない、船旅だからこそ感じる醍醐味なので、いざ出港してしまえば時間はたっぷりあります。

スマートフォンやタブレットに動画や書籍をダウンロードしてしまうことも考えましたが、ここはあえて「アナログ感」を感じるために読みたい本を2冊持つことにしました。

最後に、寂しいクリスマスイヴの様子を哀れんでやってください。

斯くして、ぼくは旅に出てきます。寂しい男子のイヴ。(2015年ラストの更新)

モスです。モス。
や、忘年会で食事も出ましたがイマイチお腹が「中途半端」だったもので。

でも、クリスマス感出せるようにチキン買いました。チキってファミリー向けの5本入りとか10本入りなのは買えませんでした。

きっと年明けには充実の旅で、レアな体験してきたことを記事にUPできると思いますのでご期待ください。

ではでは、皆様クリスマス終わり次第、日本人らしくお正月モードに切り替えて楽しく年越しなさってください。いってきます。

2 Comments

こうし

メリークリスマス。
日常生活を離れて豪華客船の旅、いいですね!
山登りに行く時は重い荷物が嫌だったので、リュックの中に入れる物は減らせるだけ減らしていました(笑)。その点船の旅は荷物を船が運んでくれるので気持ちにゆとりができますね。
本2冊は小説でしょうかね?音楽はどんなのを持って行かれたのでしょうかね?

返信する
ヨナガ

・こうしさん
無事に洋上にて新年を迎えて東京に帰ってきました。
山登りも素敵なご趣味ですね!緊急時に備えて水分や栄養補助食品などは欠かせない感じがしますね、山登り。確かに船旅では緊急時の備えは全部船会社が用意してくれてあるので気楽な旅です。
本は小説と実用書をそれぞれ1冊ずつ持って行きました。音楽はiPhoneに入っているクラッシックやジャズや歌謡曲まで幅広いです。それに、毎日生バンドの演奏があるので実際にLIVEを楽しんできた感じですよ。

返信する

コメントを残す