春分の日、孤独な人生にも春の訪れを期待する

春分の日に新しい靴下を履く

長い人生に幾度となく繰り返されてきた「春分の日」。昼と夜の時間がきっちり12時間という特別な日なのが宇宙の仕組みとしておもしろい。

僕は仕事終わりは決まって日付変更線を越えてしまうのだけど…

時に孤独を感じることもありながら、力強く人生を生きています。

そんな孤独なゲイライフ人生にも、春分の日を迎えると春の訪れを期待します。(なかなか人生の春には巡り会えないのだけど)

春分の日を、日本では「お彼岸」とも呼びますよね。

あっちの世界と、こっちの世界。

僕たちが地球に生まれる遥か前から「ニンゲン」として生命を紡いできてくれた祖先に感謝する1日にしたいと思うの。

そんな日、今年も僕の足元には白ソックス。

せめて、新しい一足を履きたいと思うのです。

71

今日は春分の日ですね

今日は新しいソックスをおろしました

1日働くと、疲れて麻痺してしまう僕の足元

どうぞ、素敵な1日にしてください

白ソックスのある風景アーカイブ
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)
にほんブログ村