無印良品のステンレス保温保冷マグのコンパクトボディに好きな飲み物を持ち歩く

マスク着用推奨の暮らしの次にやってくるのが、水分補給推奨の暮らし…どーも、白ソックス系男子・ヨナガ(@whitesocksjp)です。

季節の変わり目の寒暖差があるときには、冷たい飲み物がいい日もあれば温かい飲み物がいい気分の日もありますよね。せっかくなら、冷たいモノは冷たく、温かいモノは温かく飲みたいものです。

最近、無印良品のステンレスマグシリーズにコンパクトなモデルが新発売されたので購入してみました。

持ち歩く荷物を最小限にしつつ、好きな飲み物を持ち歩きたい人にはぴったりのアイテムだと思うので小さなマグ選びの参考にどうぞ。

購入の決め手は「コンパクトサイズ」ならではの持ち運びやすさ

無印良品のステンレス保温保冷マグのコンパクトボディに好きな飲み物を持ち歩く:無印良品男子
待望のミニサイズマグ

ステンレスのシルバーにホワイトのキャップというシンプルデザインなので男女や世代を問わず、既存の持ち物を邪魔することなく取り入れやすいデザインです。

本体の直径57mm、高さ136mmというコンパクトさで、ともかく持ち運びに便利なサイズ感なのが購入の決め手になりました。

スポンサーリンク

ステンレスマグ界の iPhone SE っぽい取り回しの良さ

男の手のひらサイズ保温保冷マグ|ムジマリズム
手のひらサイズで持ち運びしやすい

無印良品のステンレス保温保冷マグは容量別に500ml、350ml、今回ご紹介している200mlと3種類販売されています。

500ml、350mlがキャップまでステンレスで寸胴なストレートデザインなのに対して、この200mlサイズだけが白いキャップとのコンビネーションとなっています。

iPhoneに例えるならSEといったところでしょうか。

キャップ部分に僅かな「くびれ」があるので、上部をひょいと持った時に自然と指が引っかかて持ちやすいです。

男性にとっては、片手に収まる安心感もポイントになります。

無印良品「ステンレスマグシリーズ」
© 無印良品

どれを選ぶかは、スマホ選びと似ているかもしれませんね。

飲み物をたくさん摂取する方や、終日注ぎ足しができない方はやはり大容量の500mlが選択肢になってくるでしょうし。

2020年春の「価格を見直しました」で、500mlで1,490円(税込)、350mlで1,290円(税込)と半額ほどにお値下げになったお得感、新商品200mlで990円(税込)となると価格面で余計に悩みどころかもしれません。

コンビニのレギュラーサイズコーヒーにもぴったりな容量200ml

無印良品のステンレス保温保冷マグのコンパクトボディに好きな飲み物を持ち歩く:無印良品男子
容量は200ml

この保温保冷マグの200mlという容量は、さすがにペットボトル飲料だと一度に入りきらないですが、コンビニのレジ横などにあるコーヒーメーカーで作るタイプのコーヒーには良いサイズ感になっています。

セブンイレブンのコーヒーはホットとアイス共にRとLという2種類のサイズが用意されています。ホットの場合Rサイズは150ml、Lサイズの場合には235mlという量が設定されている様です。一方でアイスの場合にはRサイズは150ml、Lサイズは270mlという量となっていました。一般的な缶コーヒーの場合には190ml程度の量となっている為、セブンイレブンのコーヒーは量がやや少なめであると言えそうです。
グルメノート

自宅やオフィスで簡易ドリップ式のホットコーヒーを入れるのにもちょうどいいですね。

created by Rinker
¥1,280 (2020/09/29 07:49:21時点 楽天市場調べ-詳細)

コンビニコーヒーよりもコスパ良いですし。

シンプル設計でメンテナンスしやすい

無印良品のステンレス保温保冷マグのコンパクトボディに好きな飲み物を持ち歩く:無印良品男子
パーツは本体とキャップだけ

至ってシンプルな設計なので、パーツは本体部分とキャップだけなのでメンテナンスもしやすいかと思います。

気密性の高いシリコンパッキンの付いたキャップ|ムジマリズム
気密性の高いキャップ

キャップにはシリコン製のパッキンが付いているので気密性が高くて、カバンやリュックの中で横向きになっても中身位が漏れ出ることはありませんでした。

ステンレスマグに手が入らない場合の洗い方

無骨な男の指は、ステンレスマグの飲み口に入らないので洗い方を考える必要がありますが…僕はどうしているかというと…

男の水筒の洗い方|ムジマリズム
男のステンレスマグの洗い方は…

本体の70%くらいまで水と食器洗い洗剤を少々入れて、しっかりキャップをしまして…バーテンダーがシェイクするようにフリフリすることにしています。

スポンジで洗える範囲は普通に洗って、よく水ですすいでおしまいといった感じですがキレイに使えています。

入れる飲み物によっては、シリコンパッキン部分への着色が気になる場合もあるかもしれませんが、着脱も可能なので定期的に取り外して洗うとより良いかと思っています。

 まとめ|保温保冷機能もしっかりしたミニマムなマグ

ミニマリストやシンプリストにおすすめのマグ
水分補給が楽しくなるアイテム

温かいも冷たいも朝入れた飲み物が少ない温度変化で保たれるから、水分補給が楽しくなるアイテムです。

MEMO:保温保冷効力とも日常生活には十分

  • 保温効力:61℃以上(6時間)
  • 保冷効力:11℃以下(6時間)

おうち時間から幾らか外出の機会も増えるときに、一緒に持ち運びできるのでマスク推奨で暑くなるこれからの季節に「いつでも身近に水分補給できる環境」は欠かせないライフスタイルになってくるように思っています。

ずっとオフィスだけで使いたい、あるいは部屋の中だけで使って持ち運びが不要という方には、無印良品のタンブラーシリーズと比較検討してみるのも良いかもしれませんね。

ステンレスマグとステンレスタンブラーの比較
ステンレスタンブラーの比較

手持ちの無印良品「ステンレスタンブラー300ml」990円(税込)と比較するとこのようなイメージです。

洗いやすさで勝負するならタンブラーもおすすめですし…いろいろなブログやレビューを参考にあなたのライフスタイルにぴったりのマグが見つかりますように。

ヨナガ
読者様を余計に悩ますばかりの締めくくりになっちゃったかもしれませんね。
スポンサーリンク
無印良品のステンレス保温保冷マグのコンパクトボディに好きな飲み物を持ち歩く:無印良品男子
最新情報をチェックしよう!