お問い合わせ

都内最古の居酒屋『みますや』の選べる定食ランチは風情と感動あり

靖国通りからほんの少し入ったところに佇む異次元空間のような店構え、創業明治38年の居酒屋『みますや』のランチタイムに出かけてきました。

もう110年以上、愛され続ける魅力は何なのか?風情のある縄のれんをくぐって、早速ランチしてみましょう。

いただきます:生しらす定食 800円

おぉ、鮮度が命の『生しらす』は、流通も少なく、都内ではなかなかお目にかかれないのにランチタイムからてんこ盛りでメニューにあるではないですか!

生しらすが割りと身近に味わえる静岡出身のぼくの心を一気に掴んでくれるあたり、地元を離れて都会に暮らす人々の『ココロのスキマお埋めします』な喪黒福造の名セリフを思い出しましたよ。

食す前から、『110年以上、愛され続ける魅力』がわかった気がしますわ。

『生しらす』の鮮度もバッチリ。薬味はしょうがとわさびでいただけます。

薬味にしょうがとわさびが添えられているのもツウなポイントおさえています。

生しらすの鮮度の見極め方
少しでも時間が経ってしまうと、しらすの透明感が失われて濁ったような色合いになります。このように、 しらすが透き通っていて『目や体の黒い点がくっきりしている状態』であれば、クセや生臭さもない状態とわかりますね〜。

生しらすは醤油をかけて、アツアツご飯に乗せるとほんのり色が変わります。

今日は少なめごはんにして、生しらすを贅沢に味わうことにしてみました。

これはっ!僕の故郷・静岡の用宗漁港というところで獲れたてでいただく『生しらす』と一緒の味っ!

感動だょ〜おっかさん。
東京だょ〜おっかさん。ここ大都会・神田でした。

女将さんかな、若女将さんかな、よそってくれるご飯の量は大盛りも少なめも無料で対応してくれます。

『みますや』ランチのルールは? お盆を持ってメインディッシュを選ぶのが醍醐味

昔ながらの定食屋スタイルとでもいいましょうか。『みますや』のランチの流れをご紹介しますと…

  1. お盆を持つ
  2. メインディッシュを選ぶ(750円から焼き魚やフライ系のものまである)
  3. お味噌汁を乗せる
  4. ご飯をよそってもらう(大盛り無料・残さず食べられる量を伝えましょう)
  5. お会計
  6. 着席して「いただきます」

という感じになりますので、心得て来店すると戸惑わないかと思いますよ。

写真で見るメニューやフードサンプルと違って、これから自分がいただくメインディッシュそのものを選ぶのが醍醐味ですね。

店舗情報:みますや

住所
千代田区神田司町2-15-2
TEL
03-3294-5433
営業時間
11:30~13:30
17:00~22:30(LO. 22:20)
定休日
日曜日・祝日
最寄り駅
小川町駅 A4出口 徒歩3分
淡路町駅 A4出口 徒歩3分
JR神田駅 西口 徒歩8分
WEB
食べログ

ごちそうさまでした:シジミの味噌汁もほっこり。これからも愛され続ける老舗。

ランチのコアタイムでしたので、次から次へとメインディッシュがスタンバイされていきます。

20代と思しきサラリーマンくんが『こっちのサンマの方が大きいかな?』なんて言いながら、サンマ焼きを選んでいたたりするのが微笑ましかったです。

『うむ?次にスタンバイしている生しらすの方が多くない?』
何やら僕もそんな風に思ってみたりして〜。

都内最古の居酒屋『みますや』の選べる定食ランチ。ようございましょ?

コメントを残す