お気軽にどうぞ

神保町で台湾の庶民派グルメと豊富な台湾茶タピオカ専門店が愉しめる【Kurotaki】

神保町で台湾のローカルフードと豊富な台湾茶タピオカ専門店が愉しめる【Kurotaki】

先月、台南を旅してきました。
東京もこう寒いと、台南で過ごした時間が恋しくなって…

台湾の庶民派グルメとも言える【魯肉飯(ルーローハン)】が食べられる店を発見したので訪れてみました。

ただし…

お値段はおよそ現地の2倍!
*やはり、現地で食べるのと比較したらビックリ価格ではあるけれど…

いただきます:ルーローハンとタピオカミルクティー 1,230円

神保町で台湾のローカルフードと豊富な台湾茶タピオカ専門店が愉しめる【Kurotaki】

日本で言うところの『そぼろご飯』なんですけど。ちょっと違うのね。

豚肉を1cm角くらいに刻んで、ショウガやニンニク、八角などの香辛料で甘辛く煮込んだ肉そぼろを煮汁とともにご飯にかけてある一品。

現地では、この香辛料の配合具合が店によって異なっているから、何度食べても『同じ味に出会わない』という極めたら奥が深い料理とも言えるでしょう。

僕は独特な風味の『八角(はっかく)』があまり得意ではないけれど、スパイスとして少し加えてあるのは好きという…。

そんな日本人の口に合うように、八角の風味は抑えつつも適度な甘辛さは本場台湾を思い出す味付けでした。

結構しっかり目の煮玉子

神保町で台湾のローカルフードと豊富な台湾茶タピオカ専門店が愉しめる【Kurotaki】

付け合せで煮玉子付いてきます。

これ、日本でルーローハンを提供しているお店では、半熟煮玉子っぽいところが多いですが…

神保町で台湾のローカルフードと豊富な台湾茶タピオカ専門店が愉しめる【Kurotaki】

Kurotaki(クロタキ)の煮玉子は、固めの茹で加減。

静岡出身の僕は『祖母の作るしぞーかおでん』を思い出す感じでした。
*味はちょっと違うんだけど、なんだろう…懐かしさを求めて訪れたからかな…

神保町で台湾のローカルフードと豊富な台湾茶タピオカ専門店が愉しめる【Kurotaki】

サラダというか、ごま油をメインに味付けされたナムルっぽい一品も付いてくるので、お野菜の摂取もバッチリです。

ランチとセットのタピオカミルクティーは黒と白が選べるよ

神保町で台湾のローカルフードと豊富な台湾茶タピオカ専門店が愉しめる【Kurotaki】

ランチにセットのタピオカミルクティーは、大きめで『ゴロゴロ』『モチモチ』な食感の黒タピオカ小さめで『ツブツブ』食感の白タピオカの2種類からのみ選べます。

ドリンク単品では小豆やプリンなどのより多彩なトッピングが選べるので、ティータイムに訪れるなら毎回違うトッピングで楽しめそうです。

ただ、ホットドリンクの提供がないのが残念。

店舗情報:台湾茶番 Kurotaki(クロタキ)

住所
千代田区神田神保町2-2-34 1F
TEL
03-6261-1385
営業時間
平日
10:00〜22:00
土日祝
11:30〜20:30
定休日
なし
最寄り駅
神保町駅 A3出口 徒歩2分
WEB
食べログ

ごちそうさまでした:食後にまったりイートインできるシンプル内装なお店

神保町で台湾のローカルフードと豊富な台湾茶タピオカ専門店が愉しめる【Kurotaki】

旅好きな方や台湾を訪れるのが好きな方が、ちょっと都心で台湾のローカルフードを食べたくなった時には最高じゃないでしょうか?現地の食堂を思わせる『超シンプルな内装』です。

現地の台湾茶スタンドのイートインコーナーがあるような店をイメージして訪れると良いと思います。

日本に居ながらにして異国情緒な一軒でありました。
*スタッフさんもご夫婦かな?台湾の方でしたが、日本語上手でしたよ

台湾の友達にLINEしたら言われましたね…

美味しそうだけど、2倍の金額は高いぜぇ…

と。いやはや。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す