お問い合わせ

神保町の路地裏【中華そば 伊峡】で出会った、青春時代の中華そばの味

神保町の路地裏【中華そば 伊峡】で出会った、青春時代の中華そばの味

初見では『入店するのに一瞬、躊躇する雰囲気の店』というのがある。

そのお店の醸し出す、貫禄だったり、威厳だったり…
今回ご紹介するのも、そんな風格のある一軒。【中華そば 伊峡】であります。

外観からして風格のある店構え。中には頑固そうなおっちゃんが!

神保町の路地裏【中華そば 伊峡】で出会った、青春時代の中華そばの味

中華そば 伊峡:外観 なかなか味のある店構え

靖国通りを北側にちょっと入った角地にあるので、以前から気になっていたものの…

ご覧の通り、味のある店構えで入るのを躊躇してきた一軒です。

神保町の路地裏【中華そば 伊峡】で出会った、青春時代の中華そばの味

店頭のメニューの日焼け具合も…

1966年(昭和41年)創業の風格とでも申しましょうか。

店頭のメニューの日焼け具合もいい味出ちゃっています。

先客にこれまた店の雰囲気にマッチしすぎな背広姿の紳士がいるようでしたので、意を決して入店してみました。

神保町の路地裏【中華そば 伊峡】で出会った、青春時代の中華そばの味

店主の風格!!!

やっぱり店主も風格あるおっちゃんやーーーん!

でも、安心してください、
サバサバと『っらっしゃい!』と迎え入れてくれます。

いただきます:中華そば 伊峡 タンメン・半チャーハンセット 730円

神保町の路地裏【中華そば 伊峡】で出会った、青春時代の中華そばの味

お野菜たっぷりタンメン

平日のランチタイムと土日限定価格で50円OFFになっているお得なメニューを頼んでみました。

あっさりしているのに飽きない味のスープ

神保町の路地裏【中華そば 伊峡】で出会った、青春時代の中華そばの味

あっさりしているのに飽きない味のスープ

全体的な味付けは『あっさり系』です。

あっさりしているのに、物足りなくて飽きるというわけではない巧みな味加減といった印象を持ちました。

麺はやや細めの『縮れ麺』がスープと絡む

神保町の路地裏【中華そば 伊峡】で出会った、青春時代の中華そばの味

スープと相性のいい細麺

スープがあっさりな分、麺は細めの縮れ麺でスープが絡みやすいよう組み合わせされています。

ヨナガ

麺の色からも、つなぎにタマゴを使っているタイプかと思います。
神保町の路地裏【中華そば 伊峡】で出会った、青春時代の中華そばの味

大きな中華鍋で一気に茹であげる

茹で加減も、大きな中華鍋で一気に茹で上げるのでナチュラルにアルデンテ的な食感なのも良かったです。

盛り付け大胆!半チャーハン

神保町の路地裏【中華そば 伊峡】で出会った、青春時代の中華そばの味

この武骨な盛り付け…

チェーン店だったら叱られそうですが、
老舗の風格とでも言いましょうか、無骨な盛り付け!

ヨナガ

この半チャーハンが見た目を裏切る美味しさなのです!

サラッとしていてるのに、パサパサしない炒め加減

神保町の路地裏【中華そば 伊峡】で出会った、青春時代の中華そばの味

炒め加減も絶妙

一口目は、タンメンと比べると幾分しっかり目の味付けな印象のチャーハン。

しかし、
二口目以降、サラッとしていてるのに、蛋白過ぎない…
どんどんスプーンが進む味!

パサパサしない炒め加減で仕上げられたチャーハンはおかわりしたくなる魅力がありました。

これこそ老舗の頑固そうなおっちゃんの繰り出す…

青春時代の懐かしの味
そんな感じがした!

ごちそうさまでした:勇気をもってぜひ一歩踏み入れてみたい一軒

良い方向に『期待を裏切ってくれる店』って好きです。

神保町の路地裏【中華そば 伊峡】で出会った、青春時代の中華そばの味

イケメン俳優の取材も…

MEMO
新人俳優・モデルくんたちのロケも
店内には少々BLチックな世界観を醸し出す、掲載雑誌の紙面が掲示されてました。伊峡でロケが行われたようで、おっちゃんの仕事ぶりが若者たちの刺激になった様子が書かれていました。

ヨナガ

こういう方向にも切り口ある変化球が楽しい一軒です。
神保町の路地裏【中華そば 伊峡】で出会った、青春時代の中華そばの味

イケメン俳優の取材も…

都心にありながら、『ラーメン 430円』

ワンコインでもお釣りがくる経営、これからも末永く続けていただきたいですね。

店舗情報:中華そば 伊峡(いきょう)

住所
東京都千代田区神田神保町1-4 中一ビル 1F
TEL
03-3294-0279
営業時間
平日
11:00~19:00
土曜日
11:00~18:00
祝日
11:00~17:00
定休日
日曜日
最寄り駅
神保町駅 A5出口 徒歩3分
WEB
食べログ

ヨナガ

神保町界隈にいらした時には、勇気を出してぜひ暖簾をくぐってみてください。では、素敵なおひとり様ランチを!

コメントを残す